ファクタリングを有効に活用するには

subpage01

ファクタリングとは、売掛金などの債権を第三者が買い取り、債務者の代わりに債権者に対して一時的に代金を債権者に支払う代わりに、債務者に対し債務の請求権を得る行為を指します。



これは約束手形と非常に似ていますが、約束手形は債務者が未払いなどの不渡りにおけるリスクは転嫁できない点が大きく異なります。



約束手形の場合にはその手形を受け取った場合、あくまでも債務者に対しその代金の支払い義務が生じるのに対し、ファクタリングの場合にはそのリスクをファクタリングを行った第三者が負うという形になります。ファクタリングの難しい点は、売掛債権の保証が無い状態で債権を買い取ることになるためその回収が確実に行えるかどうかの保証がないことです。
しかし、売掛金などの場合支払期限の前に債務を買い取ることになるため、その分金額を安く買い取ることになり、実際に期日に入金される金額との差額が利益となって得られます。

このシステムは約束手形の場合と似ていますが、約束手形の場合には不渡りの場合においては手形を振り出した者または裏書きした者に支払いを請求することができるが、ファクタリングの場合にはそのような法的拘束力がないため、万が一債務者が支払いを滞らせた場合においても債権者である会社に代金の返還を請求することはできません。



その為リスクは非常に高いものになりますが、その分買い取る価格は非常に安いものになるので、高い利益が得られるということになります。


その為、独自の信用調査機能を持った会社が行うことが多いものです。